新人薬剤師向け転職エージェントランキング

新人薬剤師転職TOP >> 新人薬剤師の転職のFAQ >> 新人薬剤師の教育プログラムは?

新人薬剤師の教育プログラムは?

薬剤師として就職をしたのに、すぐ転職をしたいということは良くないのでしょうか。働き始めたら3年は働き続けた方が良いという意見もありますが、それは一般的な職場の場合です。薬剤師が配属される薬局の中には、本当にそれで大丈夫なのかと思えるような教育プログラムのところもあります。そんなところへ就職してしまった場合は、転職を検討することも必要になるのです。

薬剤師になるためには、資格を取得する必要があります。しかし、それはあくまでも薬剤師としてのスタートラインに立った状態で、実際に働くためには覚えなければならないことがもっとたくさんあるのです。

新人薬剤師の教育プログラムは、その就職先によって様々です。3か月くらいのところもあれば、半年以上かけてみっちりと研修を受けさせてくれるところもあります。研修が長ければ長いほど良いとは言い切れませんが、短すぎるより良いことは確かです。自信を持って教育プログラムを用意しているところになると、Webサイトなどでもその内容について細かく説明をしているので、そのような職場を基準に探してみるのもひとつの方法になります。

教育プログラムがしっかりとしているように見えても、配属してからは一気に変わるところもあります。例としては、配属後にそこの管理薬剤師が退職してしまったため、まだ新人だというのに一人で切り盛りをしなければならなくなったというケースもあります。さすがにこれは極端な例ですが、薬剤師として就職した後でこのようなことが起きる場合もあるのです。

薬剤師の資格を得たとしても、それだけで一人前になれたというわけではありません。その薬剤師に対してしっかりとフォローをしてくれる教育プログラムがあるのか、そして実際に現場で働き始めてからも負荷をかけすぎないようにしているのか。このような部分は、事前にしっかりと確認するようにしてください。

薬剤師にとって必要なのは、医薬品に関する知識だけではありません。コミュニケーション能力やホスピタリティマインドを重要視しているところもあり、新人の教育プログラムにその研修をしっかりと盛り込んでいるところもあります。

社会人として働き始めたのですから、自己学習で頑張らなければならないところも確かにあります。しかし、それだけで全てをまかなおうとすると、どこかで無理が生じてしまうのです。新人向けの教育プログラムが不十分な職場は、それ以外のところでも薬剤師に無理な負荷がかかりやすい傾向にあります。そのような職場はできるだけ避けて、場合によっては転職を視野に入れることも考えてみてください。


Copyright (C) 2013-2018 新人薬剤師向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.