新人薬剤師向け転職エージェントランキング

新人薬剤師転職TOP >> 新人薬剤師の転職のFAQ >> 新人薬剤師の転職の面接は?

新人薬剤師の転職の面接は?

新人薬剤師の転職にはいくつかのハードルが立ちはだかります。ベテラン薬剤師のようなスキルやキャリアもなく、新卒の薬剤師に比べるとどうしても評価が落ちてしまうからです。それを挽回するためには若さと意欲を前面に押し出しつつ、早々と前の職場を退職してしまったデメリットをカバーする努力が求められます。その際に鍵を握るのが面接です。なにしろ履歴書や職務経歴書にも学歴と資格以外に書くことがほとんど無い状況ですから、採用担当者に直接アピールする大事なのです。

では新人薬剤師の転職の面接ではどういった点がポイントとなるのでしょうか。意欲とやる気をアピールすることが大前提ですが、そのためにはまず応募先の情報を詳しく把握しておくことが求められます。自分が採用されたらどのような環境でどんな役割を担いたいのか、具体的なビジョンを適切な言葉で説明する必要があります。できれば将来的な目標も加えておきたいところ。1度早期離職した経験がある以上、採用担当者も「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と警戒したり「就職さえできれば、と思って応募してきたのではないか」と疑いを持っているもの。将来の目標を説明することで、長期的な視野に立った上で応募したことをアピールしましょう。

ただこの点は新人薬剤師に問わず転職の際に求められるポイントです。もう一歩踏み込むためには応募先の教育環境を重視した志望動機を用意しましょう。自分がやりたい仕事、なりたいと考えている薬剤師のイメージに合う教育環境が用意されていることを志望動機に盛り込みましょう。それだけに採用担当者に意欲を伝えることができますし、本気で腰をすえてキャリアを重ねていく気があるのだと受け止めてくれるでしょう。

それからこれも基本となりますが、前の職場に対する文句は絶対に言わないこと。例えば就業環境に関する不満は「この職場でもすぐに不満を抱くようになるのではないか」と警戒されてしまいますし、人間関係の不満は職場への適応力が疑われてしまいます。特に新人薬剤師の中途採用ではいかにうまく職場に溶け込めるかがポイントとなるだけに、自分のマイナス面を強調してしまうような退職理由は避けましょう。

はじめての面接では不安も多く、対策もどのように行っていったらよいのか戸惑うものです。自分ひとりで対策をとるのではなく、人材紹介会社を利用し、キャリアアドバイザーのアドバイスを受けましょう。転職のプロが豊富な実績に基づいた視点から適切なアドバイスをしてくれるはずです。


Copyright (C) 2013-2018 新人薬剤師向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.