新人薬剤師向け転職エージェントランキング

新人薬剤師転職TOP >> 新人薬剤師の転職のFAQ >> 新人薬剤師で辞めたい場合は?

新人薬剤師で辞めたい場合は?

薬学部を卒業し、ようやく一人前の薬剤師としてスタートを切ったにも関わらず、すぐに辞めたくなってしまうケースが見られます。特に近年では薬剤師の過剰問題や職場の多様化により、雇用のミスマッチの問題が浮上しているだけにこうしたケースも増えているのです。では新人薬剤師が辞めたい場合にはどういった点に注意すればよいのでしょうか。

まずキャリアの問題。どんな職業でもあまり早く辞めてしまうとその後のキャリアや転職活動において不利になってしまいます。かといってサラリーマンのように最低でも3年間は我慢する、といった姿勢が必ずしも適切とは限らない面もあります。特に異なる職種への転職を目指す場合、我慢した時間がまったくの無駄になってしまう可能性もあるのです。調剤のスキルを身につけたいと思っている人がドラッグストア勤務を続けても得るところは少ないでしょう。ですから辞めたい場合には、早めに見切った方がよいのか、それともある程度の我慢が必要かどうかの見極めも大事です。同じ職種への転職を目指す場合にはやはり短期間での転職は望ましくありません。

この点については職場の人間関係もポイントです。職場の雰囲気がよくない、上司の人間性に疑問を感じるといった問題だけでなく、スキルを身につけていくうえでも影響をもたらすからです。調剤薬局はもちろんのこと、製薬会社での勤務でも薬剤師の仕事は一歩間違えば命に関わる問題を引き起こします。働きながら必要なスキルを身につけていくうえでも人間関係は大きな意味を持ちます。現在の職場で働き続けても得るところが少ないと判断した場合には早めに見切るのも一つの選択肢です。

それから辞めた後に転職を目指すのではなく、働きながら転職活動を続け、ある程度次の仕事先の目安がついた段階で辞めるのが鉄則。ブランクが長くなればなるほど製薬会社など専門的な職種への転職が難しくなります。看護師に比べれば激務ではないため、働きながら転職活動を行っていくことも可能ですし、忙しい人でも人材紹介会社を利用することで情報収集を行えるはずです。

新人薬剤師が辞めたい場合に注意したいのは、次の職場を探す際の志望動機と退職理由です。志望動機に関してはキャリアアップ、スキルアップの機会を求めるといった前向きな内容が求められるほか、退職理由では前の職場の悪口はいわないことが大原則です。この点は基本中の基本ですが、はじめて転職を目指す新人薬剤師の場合には見過ごされてしまうことも多いので留意しておきましょう。


Copyright (C) 2013-2018 新人薬剤師向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.