新人薬剤師向け転職エージェントランキング

新人薬剤師転職TOP >> 新人薬剤師の転職のFAQ >> 新人薬剤師の勉強になる書籍は?

新人薬剤師の勉強になる書籍は?

薬剤師になれた時点で、ある程度の知識を身につけていることの証明になりますが、それで薬剤師としての勉強が終わったわけではありません。むしろ、ここからが本番と言えるようなものです。

新人薬剤師として就職をしてからは、その職場に合わせて様々な知識を身につけていく必要があります。また、医薬品自体もどんどん新しいものが登場しているため、それらに対応できるように勉強し続ける姿勢が求められます。そこで、ここでは新人薬剤師の勉強になる書籍について紹介をしていきます。

まずこれは押さえておきたい書籍として『薬効別 服薬指導マニュアル』があります。服薬指導は薬剤師の仕事として重要なものですが、そのための情報が集約されている一冊です。この本では、疾患名からも薬品を探せるようになっており、とても使いやすくなっています。また、データ量も豊富で、新人薬剤師ではなくてもめったに出てこない薬の情報を確認する際に活用できるため、長く愛用できる書籍のひとつです。

次に紹介するのは『保険調剤Q&A』です。これは調剤報酬に改定があると新しいものが出るので、その都度更新されたものを持っておきたい一冊です。薬剤師に求められるのは医薬品の知識ですが、実際に調剤をするときには保険についても知っておかなければなりません。薬剤師としてどこまでやっていいのか、何をやってはいけないのかの線引きをしているのが保険であるため、この部分がおろそかになっていると、最悪の場合には仕事を失うことにもなりかねません。そのためにも、保険についてはしっかりと勉強しておくようにしてください。

これからどんどん治療薬について勉強をしていくなら『治療薬マニュアル』が効果的です。この書籍は、薬の情報がかなり詳しく掲載されており、それぞれの分野ごとにテーマ分けされているので、自分が勤務する職場で最も頻度が多いジャンルに絞り込んでの勉強もしやすくなっています。付録としてWeb電子版があるので、パソコンやスマホなどで見られるところも大きなポイントです。

他にも現場での業務について勉強をするなら『薬剤師レジデントマニュアル』がおすすめです。無駄なく簡潔に内容がまとめられており、急性期病院で学べる基礎内容を網羅しているため、新人薬剤師必携の一冊です。

新人薬剤師は、とにかく勉強をしなければいけないと言えるくらい大変です。限られた時間の中で効率的に勉強をしていくためにも、それに適した書籍を数冊は持つようにしましょう。もちろん持つだけではなく、活用できるようにしてください。


Copyright (C) 2013-2018 新人薬剤師向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.