新人薬剤師向け転職エージェントランキング

新人薬剤師転職TOP >> 新人薬剤師の転職のFAQ >> 新人薬剤師の人間関係は?

新人薬剤師の人間関係は?

新人薬剤師が就職後に直面する問題として、職場の人間関係があります。実際にその職場の人間関係がどうなのかは就職をしてみなければわからないため運次第とも言えますが、時には転職を検討するようなこともあります。

もしもその職場での人間関係で悩んでいるなら、無理をしすぎる必要はありません。しかし、すぐに諦めてしまわず、同僚や上司へ相談をしてみてください。本当に人間関係に問題がある職場だと、新人なのだから我慢しろと言われることもありますが、しっかりと相談すれば応じてくれる場合もあります。

新人なのだからある程度我慢が必要なときもありますが、それにも限度があります。その職場で働くことが多大なストレスになるくらいなら、そこで働き続けても良いことはないのです。

よくある言葉として「とりあえず3年」というものがあります。それだけ働き続けて意味がある職場ならともかく、仕事の内容とは関係のない人間関係で3年も我慢をし続けることに意味はないでしょう。

人間関係のストレスは、自分が思っている以上に負荷のかかるものです。新人薬剤師の場合は「まだ働き始めたばかりなのだから今辞めるのはもったいない」と思うかもしれませんが、その考え方にとらわれないことも大切です。

もちろん、自分が原因になっている場合もあるので、人間関係を改善する努力は必要です。相手に対する感謝の気持ちを忘れずに接していれば、見直してくれることもあります。また、その職場におけるムードメーカーのような中心人物と仲良くなれれば、それだけでその職場の中での上手い立ち位置を得られることもあるでしょう。

薬剤師の仕事は、自分一人だけでできるものではありません。薬剤師同士でも連携が必要になるときもあるのですから、人間関係に問題があると仕事にも支障が出かねません。自分が攻撃の対象になっていると感じたら、客観的に見て何が問題になっているのかを確認してみてください。もちろん、そのことを上司に相談する方法もアリです。仮にその問題に対してまったく取り合ってくれなかったとしたら、新人薬剤師に対してそのような扱い方をする職場自体に問題があることになります。

人間関係問題には、自分に対してのみ問題が起きている場合もあれば、そもそも職場全体で派閥のようなものができてギクシャクしていることもあります。もしも自分に問題があったとしたら、すぐに見切りを付けても転職先の職場で同じ問題を繰り返してしまう可能性があります。自分は悪くないと思いたくなるかもしれませんが、まずは自分の言動を振り返り、その上で周囲に問題があるのかどうかを考えていきましょう。


Copyright (C) 2013-2018 新人薬剤師向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.