新人薬剤師転職ランキング

新人薬剤師転職TOP >> 新人薬剤師の転職のFAQ >> 新人薬剤師の転職の退職の時期は?

新人薬剤師の転職の退職の時期は?

新人薬剤師に限った事ではありませんが、転職を成功させるためには円満に退社することが大切です。「終わりよければすべてよし」ということわざがあるように、終わり方によって将来を左右することになりかねないのです。新人薬剤師だからといって適当に辞めていいことはありませんし、新人薬剤師だからこそ少ない期間だったとしても働くことができたことに感謝をしなくてはいけないのです。

一般的には退職する日の1ヶ月前には退職する旨を伝えることになっていますが、申請する時期は就業規則に定められている申請時期よりも早く申請しておく事をおすすめします。ギリギリでの退職の申請ほど迷惑極まりないものはありません。仮に就業規則に退職の申請時期について明記されていなくても、1カ月以上は余裕を持っておくといいでしょう。なぜかというと、短い期間では後継者となる人物を採用することができない可能性も出てくるからです。

また、退職をする時は直属の上司、つまり自分のお世話をしてくれている上司に相談をするということから始まります。誰にも相談をすることなく退職届を出すのは社会人として非常識となることもあるからです。お世話をしてくれる上司に相談をした後に退職届を出し、その後同僚や一緒に働いている人に退職する意思を伝えていくのが良いでしょう。

退職の時期はいつでなくてはいけない、新人薬剤師の方が仕事を探し始める時期に合わせて退職をしないといけないということはありません。ですが、会社側にも都合というものがあるので、自分のことばかりではなく少しでも働くことができた会社のことを考えることが大切です。

ただ、次の職場が見つからないにも関わらず今の仕事を辞めるのはあまりおすすめできませんし、次の転職先が見つからないということが不安要素になってしまうと転職がスムーズに行えなくなります。しかしながら、仕事をしながら転職活動をすることほど大変なものはありません。新人薬剤師の方は特に大変な思いをする事になるはずです。

リクナビ薬剤師のような薬剤師専門の求人サイトでは、今の仕事をしながら転職先を見つけていくことができるよう一人ひとりに専任のキャリアアドバイザーがついてくれます。自分が転職で動くことができない分、アドバイザーが手となり足となり動いてくれますので、安心して転職先を見つけることができるのです。円満に退職するための方法やポイントなどもアドバイスしてくれますから、新人薬剤師の方の強い味方となってくれるに違いありません。


Copyright (C) 2013-2017 新人薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.