新人薬剤師向け転職エージェントランキング

新人薬剤師転職TOP >> 新人薬剤師の転職のFAQ >> 新人薬剤師の初任給相は?

新人薬剤師の初任給相は?

これから薬剤師として働く場合に気になるもののひとつに、初任給はどれくらいもらえるのかがあるでしょう。細かく見ていくと、どんな職場で働くのかによって初任給は変わってきますが、薬剤師全体での相場はどれくらいなのかを紹介していきます。

一般社団法人日本薬剤師会で公開しているデータによると、4年生課程を修了した薬剤師の初任給は178,200円です。そして、6年生課程修了者の場合は200,800円となっています。ちなみにこの数字は基本給であり、4年生課程修了者と6年生課程修了者の違いは、経験年数として加算されて異なっていると考えてください。

実際に新人薬剤師として働く場合、初任給はこのデータが基準となっています。しかし、そこから各職場によって新人薬剤師に払う給料にも差が出てくるため、相場も変わってきます。

調剤薬局と企業薬剤師は、初任給は約22万円〜となっています。それに対して病院薬剤師は約20万円〜、ドラッグストアであれば約25万円〜となっています。まずは、この数字を新人薬剤師の初任給相場と考えてください。

この数字だけを見るなら、新人薬剤師として就職をするならドラッグストアが一番良いと思えるかもしれませんが、その後の昇給によっては製薬企業が一番高収入になる可能性があります。

ちなみに病院薬剤師や調剤薬局の場合、年収面では企業薬剤師やドラッグストアに比べると少し劣ります。初任給相場だけで判断するのではなく、最終的にどうなるのかも含めて考えるようにしましょう。

初任給相場や最終的な年収などの数字だけで見ると、病院薬剤師は一番メリットが無さそうに見えてきます。しかし、病院勤務の場合は夜勤手当などを得ることができる可能性があり、薬剤師としてさらなるキャリアアップをしやすい環境にあります。単純に金銭面のことだけではなく、認定薬剤師への道もあるので、薬剤師として成長をしたいなら病院勤務は大きなメリットがあると言えるのです。

新人薬剤師の初任給相場は、あくまでも相場です。実際にどんな職場へ就職するのかによって、相場以上の給料が出ることもあれば、それ以下になることもあります。自分が薬剤師としてどのような道を進みたいのか、明確なビジョンを持って就職先を決めるようにしましょう。

また、外資系企業の場合は年俸制ということで、ボーナスを含めた金額が提示されている場合もあります。こういう違いに気づかず判断してしまうと、後から「思っていた金額と違う」ということにもなるので気をつけてください。


Copyright (C) 2013-2018 新人薬剤師向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.