新人薬剤師向け転職エージェントランキング

新人薬剤師転職TOP >> 新人薬剤師の転職先 >> 新人薬剤師のクリニックへの転職

新人薬剤師のクリニックへの転職

クリニックへの転職を目指す新人薬剤師は少ないかもしれません。若いうちに転職する薬剤師の多くは製薬会社などキャリアアップが期待できる職場を目指すケースが多いからです。クリニックは安定した就業環境が期待できる一方、キャリアアップという点ではあまり実りを見込めない面もあります。ただ、製薬会社の競争やプレッシャーが性格的に合わない人もいるでしょうし、調剤薬局に比べてより患者への医療行為に直接関わる機会が多くなるクリニックでの仕事に魅力を感じる人も多いはずです。

では新人薬剤師がクリニックへの転職を目指す場合にはどういった点を踏まえておけばよいのでしょうか。まずクリニックが扱っている診療科。どんな診療科が設置されているかによって業務内容が異なってきます。基本的には注射剤も含めた調剤業務ですが、場合によっては栄養指導や感染対策などにも関わることもあります。それほど業務内容や就業環境に大きな違いが出ることはありませんが、自分が担当した診療科がある場合にはクリニック選びを慎重に行っていきましょう。美容外科や精神科などでも薬剤師の需要が高まっているため、こうした特殊な診療科で働きたい新人薬剤師は日ごろから情報収集をこまめに行っていきたいところです。

それから注意点として、その後の転職のことも考慮しておいた方がよいでしょう。小規模のクリニックの場合、20代で転職してそのまま定年まで勤め続けられる保証はどこにもありません。成果へのプレッシャーが少ない点では安定した雇用環境といえるわけですが、長年働き続けられるかとなると話は別。また、クリニックの薬剤師から製薬会社など一般企業への転職を目指すのは困難な面もあります。そのため30代、40代になって転職を考えた際に選択肢が狭まってしまう恐れもあるのです。本当に自分にとってクリニックへの転職が薬剤師としてのキャリアに最適な選択肢なのかどうかも充分に考慮したうえで判断する必要がありそうです。

最後に求人情報の探し方について。年齢の若さがマイナスになることはほとんどありませんが、クリニックの場合は幅広い方法で情報収集を行っていくことが求められます。求人サイトはもちろんのこと、クリニックのサイトでの募集要項、あるいは新聞の折込チラシや貼り紙などで募集していることもあるため、できる限りそうした情報も収集していきましょう。転職しやすいといえばしやすいのですが、将来のキャリアを踏まえ、クリニックの規模や診療科を充分に考慮して転職を目指した方がよさそうです。転職した後になって「もっと自分能力を活かせる職場で働きたい」などと後悔しないようにしたいものです。


Copyright (C) 2013-2018 新人薬剤師向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.