新人薬剤師向け転職エージェントランキング

新人薬剤師転職TOP >> 新人薬剤師の転職先 >> 新人薬剤師の漢方薬局への転職

新人薬剤師の漢方薬局への転職

薬剤師としてまだ新人のうちに転職をするのは、はたして大丈夫なのだろうかと心配をしている人もいます。確かにその考え方は間違っていませんが、どうしても今の職場は耐えがたいということや、もっとやりたいことがあるなら転職をすること自体が間違いではありません。

そこで、ここでは新人薬剤師が漢方薬局へ転職をするときのポイントについて紹介をしていきます。 まずポイントになるのが、なぜ漢方薬局へ転職をしたいのかです。単純に漢方に興味があるというなら、どうして最初から漢方薬局へ就職しなかったのかと質問される可能性があります。

キャリアアップのために転職をする薬剤師は少なくありませんが、それは一定以上の経験を積んだ薬剤師だから言えることです。まだ薬剤師として働き始めたばかりで、いきなりキャリアアップのためと主張しても、あまり説得力がありません。そのため、アピールするべきは、漢方薬局ならではの業務内容に興味を持ったからという方向が良いでしょう。 仕事をしている中で漢方の専門知識を身につけたいと思ったなら、それは正直に伝えましょう。最初からそのことに気づければ良かったが、薬剤師として働き始めてから気づいたなら、それはそのまま正直に伝えてください。それまでの自分がリサーチ不足だったと言われても、それは正直に認めて、早い段階で気づけたから転職を希望したとポジティブな方向で伝えるようにしましょう。

漢方薬局の特徴としては、薬剤師が直接患者へのカウンセリングを行い、そこから漢方薬を処方するというものがあります。通常の調剤薬局の場合は、医師の出した処方箋通りに調剤をするだけですが、漢方薬局では基本的に薬剤師の判断で処方をすることになります。 実際に新人薬剤師の中には、患者ともっとふれあえると思っていたけど、ひたすら受け身の仕事を続けることに不満を持っている人がいます。その中で、自分が希望する働き方ができる職場として、漢方薬局を希望する人は多いのです。

もしも漢方薬局へ転職をするなら、気をつけなければならないこともあります。それは漢方薬の知識は高められるのですが、通常の薬剤に関する知識が薄れてしまう点です。将来的に漢方薬局以外で転職することになった場合、ここは大きく不利な点になってしまうかもしれません。 まだ決まっていない先のことを考えすぎると動けなくなってしまいますが、自分が進む道にはどんなメリットとデメリットがあるのかは、よく調べておきましょう。


Copyright (C) 2013-2018 新人薬剤師向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.