新人薬剤師向け転職エージェントランキング

新人薬剤師転職TOP >> 新人薬剤師の転職先 >> 新人薬剤師のメーカーへの転職

新人薬剤師のメーカーへの転職

新人薬剤師がメーカーへの転職を目指す場合にはいかに転職のデメリットをカバーし、若さと将来性をアピールできるかが鍵となります。就職したばかりの職場を辞めて転職を目指すことになるわけですから、相手も雇用してもすぐに辞めてしまうのではないかと警戒してきます。特に一般企業の場合は人材育成にかかるコストを考慮したうえで採用を決めますし、新薬開発やMRといった仕事では一人前になるまで時間がかかるもの。相手の警戒を和らげつつ自分の長所や意欲をアピールしていきましょう。

新人薬剤師がメーカーへの転職を目指す場合には、まず自分の意欲をどれだけうまくアピールできるかどうかが鍵となるわけですが、そのためには職場の情報を詳しく把握しておくことが第一です。そのメーカーがどのような業務を行っており、そこで自分がどんな役割を担うことができるか、将来的にどんな部署で薬剤師としてどのような仕事をしていきたいのか、広く長い視野に立ったビジョンをしっかりと伝えることができるかで評価が大きく異なってきます。

採用担当者もそれによって見当違いの理想を抱いていないか、ミスマッチですぐに退職してしまわないかどうかを判断することになります。そのためにも事前の情報収集が大事です。製薬会社の情報はなかなか入手が難しい面もあるため、薬剤師向けの人材紹介会社をうまく活用し、求人情報ではなかなか入手できない職場の情報を詳しく確認しておくようにしましょう。

それから前の職場を辞めた理由について、どうしてもこの点がネックになります。「自分に合わない職場だったから」「もっとやりがいのある職場を目指して」などが新人薬剤師の離職理由の代表例ですが、こうしたマニュアルにあるような理由だけではメーカーへの転職は難しいでしょう。特に短期間ですぐに辞めてしまった場合には詳細で具体的な理由が必要です。

どうして前の職場が合わなかったのかを詳しく説明するだけでなく、その理由が転職を希望する職場を選んだ理由にも結びつくような内容が求められます。たとえば前の職場は年功序列が厳しかったので、成果主義を重視している職場へ転職したいと思った、など。他にも女性薬剤師の場合は女性に対する扱いなどに触れるとよいでしょう。同じ職場のミスマッチが理由でも、自分の都合だけを並べ立てる場合と、納得できる理由をきちんと用意できた場合とでも採用担当者の印象も大きく異なってきます。

基本的にはその職場で長く働き、キャリアアップを目指していくことを強調するのがメーカーへの転職の基本です。チャンスを与えられれば伸びる人材である印象を採用担当者に与えるよう努力しましょう。


Copyright (C) 2013-2018 新人薬剤師向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.