新人薬剤師向け転職エージェントランキング

新人薬剤師転職TOP >> 新人薬剤師の転職先 >> 新人薬剤師の公務員への転職

新人薬剤師の公務員への転職

薬剤師というと、病院や薬局などに勤務するのが一般的ではありますが、実は公務員として働いている薬剤師の方もいることを知っていますか?薬剤師の資格を持っている人であれば公務員として勤務することができることを知っている人もいると思いますが、公務員と一口に言っても様々な分野で活動をされています。

たとえば、各都道府県の本庁で勤務している薬剤師の方もいれば、保健所や都道府県立の病院、市区町村立病院、水道局、研究所、中小企業総合センターや消費生活センターなど、公務員として薬剤師の資格を持った方が多岐にわたって活動をされていることを知っている人はどのくらいいるのでしょうか。

病院については調剤などの業務がメインとはなりますが、水質や大気汚染、ゴミ対策などの環境部局、食品衛生や環境営業、薬事などの衛生部局では、調剤などではない仕事を行うことがメインとなります。薬剤師としての経験や知識が優遇される世界ではありますが、新人薬剤師だからといって公務員として働くことができないわけではありません。

公務員になるには、まず都道府県や市区町村で行われている公務員試験を受けなくてはいけません。公務員試験を受けて晴れて合格をすることができれば、経験の浅い新人看護師の方でも転職をすることができるのです。薬剤師の資格を持った公務員の募集というのは、各都道府県や市区町村おホームページなどの採用情報に掲載されることもあります。ですが、これには多くの人が殺到するため、採用を掴み取ることはかなり厳しいのが現状です。

しかも新人となれば、どのように転職活動をしていけばいいのか、どうやって転職先を見つけていけばいいのかわからないという方も多いと思います。そんな時に役に立つのがリクナビ薬剤師のような薬剤師専門の求人サイト。公務員の求人もリクナビ薬剤師を通じて公開されることも少なくなくないのです。しかも、無料登録を済ませると一人ひとりにプロのキャリアアドバイザーが専任でつきますので、情報網の少ない新人薬剤師の方でも自分の希望や条件に近い求人を見つけてもらうことができます。

リクナビ薬剤師では常に3万件以上の求人が公開されていて、そのうち7割以上は非公開の求人。つまり、他では見つけることができない求人を見つけられるチャンスということでもあるのです。転職に不安はつきものですが、リクナビ薬剤師なら満足のいく納得の求人を見つけることができるでしょう。


Copyright (C) 2013-2018 新人薬剤師向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.