新人薬剤師向け転職エージェントランキング

新人薬剤師転職TOP >> 新人薬剤師の転職先 >> 新人薬剤師の商社への転職

新人薬剤師の商社への転職

商社で薬剤師が求められていると聞くと意外に思う人も多いでしょう。しかし幅広い業種を取り扱っている総合商社では薬剤師の需要も低くないのです。特に近年では化粧品や健康食品の分野で薬剤師の専門的な知識が求められるようになっているため、需要が高まっている状況です。

総合商社といえば高収入の代名詞。有名な総合商社ともなれば平均年収1000万を超えることも少なくありません。それだけに薬剤師の就職先としても魅力的でしょう。ただ、恵まれた環境であればあるほど当然転職の際にはハードルが高くなります。特に新人薬剤師の場合、キャリアの不足をどれだけ補うことができるかがポイントとなります。

まず知っておきたいのは商社での薬剤師の仕事にはさまざまな種類があること。もっとも多いのは管理薬剤師。その商社が扱っている医薬品の管理を行う仕事です。商社における管理薬剤師の仕事では海外を含めたグローバルな視点で役割を求められるケースが多くなります。完成された医薬品の管理だけでなく、原材料や製造途中の中間製品などの管理も求められます。そして原材料や医薬品を海外から取り寄せるケースも多いため、語学力や他の企業や部門との交渉を担うコミュニケーション能力が問われます。一方、新薬開発に専念する仕事や、医療機関をはじめとした法人営業、MRなどの役割も薬剤師に求められます。

こうした点を踏まえたうえで新人薬剤師の商社への転職の可能性を考えると、いくつかの点が浮かび上がってきます。まずさまざまなスキルが求められ、ハードルが高い一方、将来性でカバーできる要素も大きいこと。語学力や交渉力といった能力は確かに経験がものを言いますが、逆に言えば働きながら身につけていくことも可能なのです。考え方によっては調剤薬局やドラッグストアで長年働いてきた30代、40代の薬剤師よりも有利ともいえます。

もうひとつは自分の適性にあった仕事を選ぶこと。同じ商社でも新薬開発とMRではずいぶんと役割が異なりますし、給与体系や仕事にかかるプレッシャーなどの面でも大きな違いが見られます。さらに総合商社の場合、海外出張やキャリア途中での異動の可能性も考慮に入れておくべきでしょう。新人薬剤師の場合は特に出張や異動が重要になりそうです。

人材紹介会社を利用し、転職先の情報をあらかじめよく吟味したうえで商社への転職を目指しましょう。適性にあった職場を選べればキャリアアップと高収入、安定した雇用環境のすべてを満たした転職も可能なはずです。


Copyright (C) 2013-2018 新人薬剤師向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.