新人薬剤師向け転職エージェントランキング

新人薬剤師転職TOP >> 新人薬剤師の転職先 >> 新人薬剤師の医薬品卸への転職

新人薬剤師の医薬品卸への転職

新人薬剤師の中には、転職をしたいと考えている人が意外に多くいます。その理由は様々で、薬剤師としての働き方自体に疑問を感じている人もいれば、職場での人間関係問題などもあるでしょう。

まだ薬剤師として働き始めて間もないため、今このタイミングで転職をしても良いものかと迷っている人もいますが、早い段階なら第二新卒として転職をできる可能性もあります。そこでポイントになるのが、今度こそ就職で失敗しないためにはどうすれば良いのかです。 薬剤師の資格を持つ人の転職先にも、様々な選択肢があります。ここでは、その中のひとつである医薬品卸の仕事について紹介をしていきます。

医薬品卸の仕事では、医療機関や薬局へ医薬品情報の提供をする仕事や、医薬品の品質管理などが主な仕事になります。ほかに薬事管理や社員教育などの仕事もあり、ひたすら調剤を続ける仕事に比べたら魅力的に見えるところは多いのです。ちなみにこの場合の働き方は、管理薬剤師となります。

医薬品卸へ転職をする場合のメリットとして、働き方が一定というものがあります。薬局などはシフトで不定期な休みになることが多く、土日祝日が休日になる働き方はそれだけデメリットになる人がたくさんいます。逆に平日を休日にできることにメリットを感じる人もいるので、誰にとっても良いとは限りませんが、規則的に働きたい人なら医薬品卸は選択肢に入れても良い働き方です。

管理薬剤師は数多くの薬を取り扱うことになるため、必然的に幅広い薬の知識が身につけられます。また、将来的には経営やマーケティングに関われる可能性もあるので、薬剤師としての知識を活かしつつもやりがいのある仕事ができるでしょう。

もちろんメリットだけではなくデメリットと呼べる部分もあります。これはどのような会社に就職するのかによって変わってきますが、その事業所内にいる管理薬剤師の数が少なく1人だけということになると、責任やプレッシャーはかなりのものになります。また、全国的な転勤はあまりありませんが、そのエリア内で別な事業所に配属されることも珍しくはありません。また、調剤からは離れることになるので、再び薬剤師として働こうとしたときにはブランクに悩まされることもあります。

新人薬剤師が医薬品卸へ転職をするケースは、少なくありません。しかし、一面だけを見て魅力的に感じても、デメリットに気づかず転職したせいでさらに転職をしたくなることもあるので気をつけてください。


Copyright (C) 2013-2018 新人薬剤師向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.